園主プロフィール

りんごの丘農園のホームページをご覧いただきありがとうございます。毎日、果樹園の仕事をしながら20年。だんだんと自分の仕事に誇りと自信みたいなものが身に着いて来たような気がします。でも、まだまだ毎日が勉強でもっと色々なことに挑戦していきたいし、夢も沢山あります。私が青年時代に過ごしたアメリカでの農業の経験は、大変衝撃的であり今の自分の仕事に充分生かされていると信じています。時代の流れでこれからの農業も、どうなるかは予想もつきませんが、食を支える産業を担う者として、作る側と食べていただく消費者のみなさんと、もっと身近な距離をとり、お互いが楽しく、安心し信頼できる関係がいつまでも築けていけたらと思っております。

1962年 長野県下伊那郡松川町上大島生まれ
1981年 長野県立下伊那農業高等学校(園芸科卒業)
1982年 長野県農業大学校須坂果樹試験場、果樹実科卒業
1985年(〜2年間) (社)農業研修生派米協会の事業に参加、2年間アメリカにて農業研修をおこなう
1987年 帰国、24歳、自宅農園にて就農
1989年 美輪子さんと結婚、長男恭平生まれる
1990年 父、芳一より経営移譲する「りんごの丘農園」に改名
1991年 青果のすべてを自家販売に転向農協出荷中止次男,広樹生まれる
1992年 有機質肥料を主体とし化学肥料を一切使わない施肥体系もみがら薫液減農薬栽培を始める。
1995年 ゲストハウス構想、ましの地区りんごの花祭り企画開催
1996年 農園内にログハウス調観光用ゲストハウスを建設
1997年 インターネットHP開設、オーナー制りんごの樹都市交流型観光農業へ移行していく
1998年 農事組合法人ましの産直組合、シャトーまし野設立参加長野県環境にやさしい農業推進会議の認証取得、毎年更新
1999年 八ヶ岳農業実践大学校生徒、農家研修受け入れさくらんぼ栽培はじめる。 
2000年 プライベート渡米、現地農場視察、研修先農場主墓参
2001年 三男、芳光誕生
2002年 ファームステイ対応、簡易宿泊施設の営業許可取得観光用屋外トイレ作成(自作)中国果樹産業視察
2003年 ファームステイ受け入れ さくらんぼハウス作成。ゲストハウス拡張
2004年 りんご高品質栽培の剪定、管理の導入サクランボ園開園、冠水施設設置

りんごの丘農園も戦後の開拓以来、70年近くなりますが、時代の流れを感じ取り、食べる人の幸せな顔をいつでも思い浮かべながら、毎日の仕事に励みたいと思います。